本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > くらしの情報 > 妊娠・出産 > 生まれた後 > 母子の健康 > 子どもの予防接種(定期接種)

子どもの予防接種(定期接種)

予防接種 とは 

予防接種は、伝染病に対し抵抗力を持った強い体にするため行うものです。毒性を弱くした、病原体の成分の一部などを体内に入れる方法がとられています。
 予防接種をみんなが受けることによって、伝染病のない社会をつくるため、わが国では『予防接種法』という法律で予防接種の種類、年齢、時期などが決められています。

予防接種を受ける際の注意

定期予防接種(法律で義務付けられている予防接種)

次の予防接種に関して、接種費用を助成しています。

ヒブ(Hib)

接種対象:生後満2か月から5歳未満

接種開始の月齢によって、回数が異なります。

小児用肺炎球菌

接種対象:生後満2か月から5歳未満

接種開始の月齢によって、回数が異なります。

B型肝炎(3回)

接種対象:生後満2か月から1歳未満(※平成28年4月1日以降に生まれた方)

1回目:生後2か月以降に1回

2回目:1回目の接種から27日以上の間隔をあけて1回

3回目:1回目の接種から139に以上の間隔をあけて1回

(注意)予防接種法改正により、平成28年10月1日から定期予防接種となりました。

4種混合(百日咳・ジフテリア・破傷風・ポリオ)

接種対象:生後満3か月から7歳6か月未満

初回接種3回、追加接種1回の接種が必要です。

初回接種は20日以上の間隔をおいて3回、追加接種は初回終了後12か月~18か月の間隔をおいて1回の接種が必要です。

4種混合ワクチンの導入前は、3種混合ワクチンと不活化ポリオワクチンを別々に接種していました。現在、3種混合ワクチンおよびポリオワクチンの接種が完了していない場合は保健センターへご連絡ください。 なお、3種混合(百日咳・ジフテリア・破傷風)は満3か月から7歳6か月未満に合計4回、ポリオワクチンは満3か月から7歳6か月未満に生ワクチン、不活化ワクチン合わせて合計4回の接種が必要です。

BCG(1回)

接種対象:生後12か月未満

標準的には生後5か月から8か月に達するまでの期間に1回接種を行います。

MRワクチン(麻しん・風しん)

1期(1回)

接種対象:生後12か月から2歳未満

2期(1回)

接種対象:5歳から7歳未満の者であって、小学校就学前の1年間にある者

平成23年4月2日から24年4月1日の間に生まれた者

2期の接種は平成29年4月1日から平成30年3月31日までに済ませてください。

水痘ワクチン(水ぼうそう) 

接種対象:生後12か月から3歳未満

 3か月以上の間隔をあけて2回接種します。標準的には生後12か月から15か月に至るまでに初回接種を行い、追加接種は初回終了後6か月から12か月に至るまでの間隔をおいて1回行います。

(注意)予防接種法改正により、平成26年10月1日から定期予防接種となりました。

 日本脳炎

日本脳炎予防接種については、平成17年5月から積極的勧奨(町が予防接種を受けるよう個別通知や広報掲載をすること)を控 えていましたが、平成23年5月20日の予防接種法の改正により、接種の機会を逃してしまった方も接種ができるようになりました。

 

接種対象:生後6か月から7歳6か月未満(平成19年4月2日以降の出生)

1期初回は3歳、1期追加は4歳が標準的な接種年齢です。

 

1期    (3回)

初回:1~4週間隔で2回

追加:初回接種終了後概ね1年後に1回

2期    (1回) 9歳以上13歳未満に1回(1期追加接種終了後概ね5年後)

接種対象:20歳未満(平成9年4月2から平成19年4月1日の出生)

接種を差し控えていたお子さんが対象となります。

接種期限は20歳の誕生日の前日までです。それまでに2期の接種まで済ませてください。
接種状況については母子手帳にてご確認ください。

受け方について、ご不明な点は保健センターにお問い合わせください。

 

 2種混合(ジフテリア・破傷風)

  

接種対象:11歳以上13歳未満

積極的な勧奨は小学6年生で行うことになっていますので、接種が終了するまで確認のご連絡をいたします。

平成29年度に小学6年生に相当する者:平成17年年4月2日から18年4月1日生まれ

※接種は平成29年4月1日から平成30年3月31日までにお済ませください。

 子宮頸がん予防ワクチン

  

接種対象:小学校6年生から高校1年生相当

合計3回の接種:使用するワクチンによって接種時期が異なります。接種完了までに6か月かかります。
平成25年6月14日より副反応等の理由により積極的な接種の勧奨は差し控えとなっています。

厚生労働省では、子宮頸がん予防接種を積極的にはお勧めしていません。詳細については厚生労働省ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/PDF:leaflet_h25_6_01.pdf) をご覧ください。

 

予防接種の受け方

個別接種の予防接種を町内の医療機関で受ける場合

無料で受けられます。
予診票は病院においてあります。

個別接種の予防接種を町外の医療機関で受ける場合

無料で受けられます
医療機関には予診票がありませんので、接種の前に保健センターまで予診票を取りに来てください。

個別接種の予防接種を県外の医療機関で受ける場合

県外の医療機関で接種を受ける場合には、医療機関あての『依頼書』を発行いたします。接種前に、必ず保健センターへ『依頼書発行申請書』をご提出ください。
なお、依頼書発行申請書を提出いただいても、すぐには発行ができませんので、ご予定がある場合にはお早めに、依頼書発行申請書をご提出ください。
町内の医療機関に支払っている金額を上限として、申請により助成します。 県外で接種を受ける場合は、予防接種助成申請書、予診票の提出が必要になります。
必要書類の郵送をご希望の場合は、200円分の切手と送付先の住所・氏名等を記入し、保健センターへ送付してください。
定期予防接種助成申請書(PDF:45KB) 

依頼書発行申請書(PDF:36KB)

助成限度額 

ヒブ 7,710円
小児肺炎球菌 10,290円
B型肝炎 7,560円
4種混合 10,800円
BCG 6,480円
MR(麻しん・風しん)1期 11,880円
MR(麻しん・風しん)2期 10,800円
不活化ポリオ 9,720円
3種混合 5,400円
水痘 9,720円
日本脳炎 7,560円
2種混合 5,400円
子宮頸がん 16,460円
麻しん 6,480円
風しん

6,480円

麻しんおよび風しん予防接種は、MR接種の対象者で医師の認める理由により単独で受けた場合に、助成の対象となります。

町内の委託医療機関

〇印はワクチン接種が可能です。

医療機関名

住所

電話 番号

4混       3混        MR             水痘    ポリオ   日本 脳炎 ヒブ      肺炎球菌

B型肝炎

BCG 2混

子宮     頸がん

阿久津医院 大谷176-1 675-2511  
谷口医院 宝積寺1038 675-0005
深澤クリニック 平田1920-1 676-0671  
菅又病院 花岡2351 676-0311
まなか医院 石末2093-10 675-4123  
中津川循環器科内科クリニック(生後2か月~)            宝積寺2388-5 675-7521  
関根クリニック 光陽台5-7-7 612-7015  
小林内科 宝積寺2261-23 675-2485      
にいたに内科(生後6か月~) 宝石台3-3-19 675-6515        
高根沢中央病院 光陽台3-16-1 675-1133          

  

お問い合わせ先

高根沢町 保健センター
〒329-1225 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末1825番地
TEL:028-675-4559 FAX:028-675-6999
Email:kenkou@town.takanezawa.tochigi.jp

お知らせ

ページの先頭へ

町の紹介