本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > くらしの情報 > 税金 > 固定資産税・都市計画税の課税のしくみ > 住宅の改修工事(耐震・バリアフリー・熱損失防止)に伴う固定資産税の減額措置について

住宅の改修工事(耐震・バリアフリー・熱損失防止)に伴う固定資産税の減額措置について

住宅の改修工事(耐震・バリアフリー・熱損失防止)に伴う固定資産税の減額措置について

住宅の改修に伴う固定資産税の減額について
 ・ 耐震改修
 ・ バリアフリー改修
 ・ 熱損失防止改修(省エネ)
 ※ 複数該当時および減額申告後について

住宅の耐震改修に伴う固定資産税の減額について

 昭和57年1月1日以前から存在する住宅(賃貸住宅を除く)について、平成18年以降に建築基準法に基づく現行の耐震基準(昭和56年6月1日施行)に適合させるよう改修工事を行った場合に固定資産税が減額されます。

対象となる工事
 改修工事費用が50万円超(耐震改修に直接関係ない工事費用は含みません)の工事
 ※平成25年3月31日以前の改修工事契約であれば、改修工事費が30万円以上の工事が対象

申請期間
 工事完了後3ヶ月以内

減額措置
 工事完了した年の翌年度分から次の表に応じた期間で、当該住宅の固定資産税から1/2を減額
 (最大120㎡相当分まで)
 
耐震工事完了期間 固定資産税の減額期間
平成18年1月1日から平成21年12月31日 3年度分
平成22年1月1日から平成24年12月31日 2年度分
平成25年1月1日から平成30年3月31日 1年度分
※要安全確認沿道建築物は2年度分

 ※要安全確認沿道建築物:以下3つの条件を満たすもの
  ・地震によって倒壊した場合、道路通行を妨げて多数の者の避難に支障をきたす建築物
  ・緊急輸送道路にその敷地が接している建造物
  ・耐震基準を満たしていない建築物

必要資料
 ・住宅の耐震改修に伴う固定資産税の減額申告書 【 Word:33kb ・ PDF:44kb 】
 ・改修内容がわかる書類の写し(工事契約書、工事明細書等)
 ・耐震基準に適合する改修工事が行われたことの証明書
  (地方税法施行規則附則第7条第6項の規定に基づく証明書) 【 Excel/33kb ・ PDF:8kb 】
 ・改修工事費用にかかる領収書の写し
 ・改修後の図面の写し

※関連条文:地方税法附則第15条の9第1項(耐震改修が行われた住宅等に対する固定資産税の減額)

 

住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額について

 高齢者、障がい者等が居住する既存住宅(平成19年1月1日以前から所在)(賃貸住宅を除く)について、平成28年4月1日から平成30年3月31日までの間に、一定のバリアフリー改修工事を行った場合に固定資産税が減額されます。
 ※併用住宅は居住部分の割合が全体の1/2以上であるもの

居住者要件
 次の、いずれかの方が居住していること
  ・65歳以上の方(改修工事が完了した年の翌年1月1日時点)
  ・要介護認定または要支援認定を受けている方
  ・障がいのある方

対象となる工事
 次の改修工事で、補助金等を除く自己負担額が50万円超のもの
 1 廊下の拡幅       5 手すりの取り付け
 2 階段の勾配の緩和    6 床の段差の解消
 3 浴室の改良       7 引き戸への取替
 4 便所の改良       8 床表面の滑り止め化
 ※平成25年3月31日以前の改修工事契約であれば、改修工事費が30万円以上の工事が対象

申請期間
 工事完了後3ヶ月以内

減額措置
 工事完了した年の翌年度1年度分に限り、当該住宅の固定資産税から1/3を減額
 (最大100㎡相当分まで)

必要書類
 ・住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額申告書 【 Word:34kb ・ PDF:44kb 】
 ・居住者要件のいずれかを満たすことを示す書類の写し
    65歳以上の方は住民票の写し
    要介護及び要支援認定を受けている方は介護保険被保険者証の写し
    障がい者の方は身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳等の写し
 ・改修内容がわかる書類の写し(工事契約書、工事明細書等)
 ・改修工事箇所の写真(改修前・改修後)
 ・改修工事費用にかかる領収書の写し
 ・補助金等の交付を受けた場合は、交付決定を受けたことが確認できる書類の写し
 ・改修後の図面の写し
 ・納税義務者の住民票の写し

※関連条文:地方税法附則第15条の9第4項(耐震改修が行われた住宅等に対する固定資産税の減額)

 

住宅の熱損失防止改修(省エネ)に伴う固定資産税の減額について

 賃貸住宅を除く既存住宅(平成20年1月1日より前から所在)について、平成20年4月1日から平成30年3月31日までの間に、一定の熱損失防止改修工事を行った場合に固定資産税が減額されます。
 ※併用住宅は居住部分の割合が全体の1/2以上であるもの

対象となる工事
 次のすべての要件を満たすもの
 ・改修工事費が50万円超であること
 ・改修後、現行の省エネ基準に適合すること
 ・次の改修工事であること(ただし1は必ず実施すること)
 1 窓の改修工事(必須)
 2 床の断熱改修工事
 3 天井の断熱改修工事
 4 床の断熱改修工事
 ※平成25年3月31日以前の改修工事契約であれば、改修工事費が30万円以上の工事が対象

申請期間
 工事完了後3ヶ月以内

減額措置
 工事完了した年の翌年度1年分に限り、当該住宅の固定資産税から1/3を減額
 (最大120㎡相当分まで)

必要書類
 ・住宅の熱損失防止改修に伴う固定資産税の減額申告書 【 Word:32kb ・ PDF:46kb 】
 ・改修内容がわかる書類の写し(工事契約書、工事明細書等)
 ・現行の省エネ基準に適合していることの証明書(熱損失防止改修証明書等)
 ・改修工事箇所の写真(改修前・改修後)
 ・改修工事費用にかかる領収書の写し
 ・改修後の図面の写し
 ・納税義務者の住民票の写し

※関連条文:地方税法附則第15条の9第9項(耐震改修が行われた住宅等に対する固定資産税の減額)

 

複数該当時および減額申告後について

 バリアフリー改修工事と熱損失防止改修工事について、両方該当する場合には、固定資産税の減額措置を同時に受けることができます。
 なお、耐震改修工事とバリアフリー改修工事、耐震改修工事と熱損失防止改修工事については、同時に受けることができません。
 また、新築住宅の軽減措置と各改修工事(耐震・バリアフリー・熱損失防止)の減額措置は同時に受けることができません。

 住宅の改修工事(耐震・バリアフリー・熱損失防止)に伴う固定資産税の減額申告書を受理した後、現地確認(家屋調査)を行います。当該改修工事及び付随 して行った改築等により、住宅の機能向上が見られる場合には、当該住宅の評価を見直すことがありますので、ご了承ください。

 

お問い合わせ先

高根沢町 税務課
〒329-1292 栃木県塩谷郡高根沢町大字石末2053番地
TEL:028-675-8103 FAX:028-675-8988
Email:zeimu@town.takanezawa.tochigi.jp

お知らせ

ページの先頭へ

町の紹介