本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > くらしの情報 > 税金 > 介護保険料について > 介護保険料のQ&A

介護保険料のQ&A

介護保険料のQ&A

 老齢(退職)基礎年金を年額18万円以上受給しているのに特別徴収(年金天引き)ではなく普通徴収になっているのはなぜでしょうか

 年金から天引きをする特別徴収は、平成26年度の場合、平成 26年4月1日現在に老齢(退職)基礎年金、遺族年金、障害年金を受給している方(年額18万円以上受給している方)を対象とし、平成26年10月以降の 年金支給額から特別徴収を行います。今回納入通知書が郵送されてきた場合には次の理由が考えられます。

①平成25年度中に65歳になった方・転入された方のうち、4月・6月・8月の仮徴収開始に該当しなかった方
②平成25年度中に保険料段階が変更になったり、年金の裁定請求をやり直したりして特別徴収が中止になった方
③平成26年4月1日以降に65歳になった方・転入された方

 ①、②に該当する場合は、前半が普通徴収、後半が特別徴収になります。10月から特別徴収が開始されますので、9月までの納付書(1~3期分)をお送りしています。
 ただし、年金の受給状況または受給・住所変更手続きの時期によっては10月から特別徴収にならない場合があります。
 ③に該当する場合は、老齢(退職)基礎年金を年額18万円以上受給している場合でも、平成26年度中は普通徴収で納めていただくことになります。

 

 

お問い合わせ先お問い合わせ先

 〒329-1292 高根沢町石末2053 高根沢町 税務課 諸税係
 TEL:028-675-8103  FAX:028-675-8988  メールアドレスzeimu@town.takanezawa.tochigi.jp

 

お知らせ

ページの先頭へ

町の紹介