本文へ

色変更

  • 標準
  • 色変更1
  • 色変更2
  • 色変更3

文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > くらしの情報 > 妊娠・出産 > 生まれた後 > 子育ての手当 > 児童扶養手当

児童扶養手当

児童扶養手当は、日本国内に住所があり、次のいずれかに該当する18歳に達する日以後最初の3月31日まで(中度以上の障害を有する児童は20歳未満)の児童を監護している父又は母、父又は母に代わって児童を養育している人が、手当を受けることができます。なお、外国人の方も支給対象になります。

<受給要件>

  1. 父母が婚姻を解消した児童
  2. 父又は母が死亡した児童
  3. 父又は母が重度の障害の状態にある児童
  4. 父又は母の生死が明らかでない児童
  5. 父又は母に引き続き1年以上遺棄されている児童
  6. 父又は母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童(平成24年8月から)
  7. 父又は母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  8. 母が婚姻によらないで出産した児童
  9. 父母ともに不明である児童

次のような場合には手当は支給されません。

  • 父又は母、養育者が公的年金(遺族、障害、老齢年金など)の給付を受けることができるとき。
  • 父又は母が婚姻しているとき(事実婚を含む。独身の異性と同居している場合は事実婚とみなされる場合があります。)。
  • 児童が父又は母の死亡について支給される遺族年金又は遺族補償を受けることができるとき。
  • 児童が父又は母に支給される障害年金の額の加算の対象となっているとき。
  • 児童が児童福祉施設(児童養護施設・障害児施設等)などに入所したり、里親に委託されたとき。

<支給額>

(平成28年8月~)

 全額支給 月額42,330円
 一部支給 月額9,990円~42,320円

<手当支給>

児童扶養手当は、認定を受けると、認定請求をした日の属する月の翌月分から支給され、年3回に分けて指定した金融機関の口座に振り込まれます。
支給時期は、4月11日(12月~3月分)、8月11日(4月~7月分)、12月11日(8月~11月分)になります。

<所得制限限度額>

請求者及び扶養義務者等の前年の所得に応じ、下表のとおりその年度(8月~翌年の7月まで)の手当ての支給区分(全額支給、一部支給、全部支給停止)が決まります。

◎所得制限限度額表

扶養親族
等の数
請求者(本人) 扶養義務者
配偶者
孤児等の養育者
全部支給 扶養義務者
0人 190,000円未満 1,920,000円未満 2,360,000円
1人 570,000円未満 2,300,000円未満 2,740,000円
2人 950,000円未満 2,680,000円未満 3,120,000円
3人 1,330,000円未満 3,060,000円未満 3,500,000円
4人以上 以下380,000円ずつ加算 以下380,000円ずつ加算 以下380,000円ずつ加算

<注意事項>

児童扶養手当法の改正(平成15年4月施行)により、平成20年4月から次のいずれか早い期間が経過したときに、手当の一部支給停止措置がかかることになりますので、ご注意ください。

就業・求職活動を行うなど政令で定める要件を満たす場合には、所定の届け出を行うことで、一部支給停止にはなりません。

★手当の支給機関は、県北健康福祉センターになります。→栃木県のページへ

お問い合わせ先

〒329-1225 高根沢町石末1825(改善センター内)
高根沢町教育委員会事務局 こどもみらい課
TEL:028-675-6466 FAX:028-675-6820 kodomo@town.takanezawa.tochigi.jp

お知らせ

ページの先頭へ

町の紹介